また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

子供の虐待が、過去最高のニュースを見て。

f:id:chiisan1116:20170914233844p:plain

先ほど、テレビで、子供の虐待件数が過去最高というニュースを見ました。

他人事でないので、聞き入ってしまいました。

元わが家の場合、身体的な虐待はそれほどでもなかったのですが、言葉による虐待はけっこうあったように思います。


息子へは、おまえは、何をしてもだめだ。
娘へは、おまえは要らない人間だ。

夫は、たびたびこのような言葉を子供たちに投げかけていました。


夫の本心ではないとしても、このような言葉は子供たちの脳裏に焼き付いていると思います。
そして、目の前でDV行動を見てしまうこと。

これも虐待だと知りました。


虐待を受けた子供に共通するのは、自己評価が低いということです。

まさに、娘も息子も、自己評価が低く、自分が嫌い、自分に自信が持てない子供でした。

息子がよく口にする言葉は・・・


「生まれてこなければよかった。」

「どうして生きているんだろう。」


この二つの言葉に続くのが、どうして俺を生んだ?と私を責める言葉です。

私が、時々、苦しくなるのはこの言葉によるのです。


私が夫と結婚しなかったら、子供たちは苦しまないで済んだと、自分を責めてしまいます。
そして、私自身が子供を守りきれなかったこと。

これも本当に申し訳なく思っています。


それでも、前に進まなくてはなりません。



このまま目をつぶっているわけにはいきません。


子供たちを幸せにする責任が、私にはあると思うから。



さいわい、娘は苦しんだ末に、自分を好きになり自分に自信がもてるようになり、立ち直っています。
良い友達や、彼に恵まれ、今が一番幸せだと話しています。


残るは息子です。

大学受験という大きな節目を迎えて、非常に不安定な精神状態です。


希望の大学に合格できたら、それが一番の自信につながると思うので、息子の心を変える大きなチャンスだと思っています。



母親として、支えなければなりません。

それはわかっていても、もしだめだったらとか、息子は変わらないんじゃないかと不安になってしまいます。



息子の心の弱さも、大きな自信を得ることによって、変えられていってほしい。


今は、そんな希望を持ちつつ生きています。


虐待は遺伝するとか、連鎖するとか言われています。

残念ながら、虐待はなくならないと思います。



心をケアしてくれる機関が増えたらいいのにと思います。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】