モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

ストレスマックスの息子の暴言から、ちょっと逃げてた

f:id:chiisan1116:20170819002053p:plain

学校が始まり、二週間たちました。

授業やら文化祭の準備やらに、振り回されて、息子のペースは大いに乱れてしまったようで・・・
かなり追い込まれている空気は感じていました。


勉強できない

勉強したってしょうがない。

そんなことをブツブツと言っていました。


今朝、そのストレスがマックスになったようで、わけのわからない暴言を吐き始めました。


なんで俺なんか産んだんだ (この言葉は親にはけっこうきつい)
俺はもうだめだ。
あんたのせいだ。

こんな感じで、すべてのことを私のせいにしたいようでした。


あんた、その髪型何よ。もっとちゃんとしなよ。
そんなことまで言われてしまいました。


髪の毛振り乱して頑張っているんだけど?




黙ってきいてました。

最後は、黙っていられなくなり、甘えるな!と言い返してしまいました。


だんだん 絶望という文字が頭をよぎりました。



夫と同じ言い方をする
夫と同じに、私でストレス解消している



やっぱりモラハラDV家庭で育ったから?

誰かのせいにしないと、乗り越えられないの

暴言を吐いたら、相手が傷つくことわからないんだ。



やっぱり母子家庭だから・・
いくらモラハラ男から逃げても、モラハラを受け継いだんだ。
と、どんどん卑屈になっていきました。

たまらなくなって部屋を飛び出して、あてもなくフラフラとしていました。

子育ての先輩の妹に電話をしてみました。


今、ストレスマックスだと思う。

そんな時は、子供から逃げて、お互いに一人になって頭を冷やした方がいいと言ってくれました。


そうか、逃げたのは正解だったんだ。


そしておひとりさまの友人を呼んで、一緒にコーヒーを飲みました。



いろいろ愚痴を聞いてもらってわかったこと。


息子は、私に甘えているだけということ。
誰かに泣き言を聞いてもらいたい、ただそれだけってこと。



私がそれを受け止めるだけの器がないってことか。
自分もストレスたまっていたし、母子家庭で、モラハラ環境だったからと、すぐに悪くとってしまう悪い癖です。


これは大げさかもしれないけれど、人生の戦いだって思いました。
貧乏母子家庭の戦い!

乗り越えなくてはならない壁がいくつもあるように感じています。



最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】