また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

子育てを終えた、妹の孤独

f:id:chiisan1116:20170905233434p:plain

今日は、東京へ行き、母と妹と三人で会い、いろいろ話してきました。

妹と言っても、私とは同い年、つまり双子なんです。



双子と言えども、性格は全く違い、生き方も全然違うものとなりました。
中学までは、同じ学校でしたが、高校からは別々の学校へ行きました。


私たちは、普通の姉妹より、たぶん仲が良かったと思います。
妹が結婚するまで、私と妹はいつも一緒にいました。



妹が結婚をして、子供を産むと、私はよくその子たちの子守りをしました。
妹の子は私に似ていました。
(私と妹は一卵性双生児なので、そっくりらしい)
なので、すごくかわいくて、お風呂へ入れてあげたこともしょっちゅうありました。


その妹の長男、今年30歳になりました。

妹の長男は、名の知れた大学に通い、一部上場の会社に就職して、世間からはエリートコースを歩んでいるように見えたと思います。



妹夫婦にも自慢の息子だったと思います。


ところが、入社して3年で、その長男は会社を辞めてしまいました。
そして、青年海外協力隊の一員として、二年ほど海外へ行きました。



今、流行りの好きなことをして生きるを選んだのです。


二年の任務を終えて帰国し、今度は小さな貿易会社に入社し、アジアの小さな国へ行ってしまいました。


次男も、家を出て、まったく帰ってこないそうです。


私としては、子育てを終えて、子供たちも自立した妹がうらやましいと思っていました。


でも現実は違っていました。



子育てを終えた妹は、孤独を感じていました。

旦那さんは、仕事人間で、帰宅も遅いらしいです。


なので、妹は猫を飼っています。
寂しさを癒してくれるのは猫ちゃんだけと言っていました。

子育てを終え、何をやっていいかわからなかったり、自分は誰からも必要とされなくなったと思うこと。

空の巣症候群とも燃え尽き症候群とも言われています。


専業主婦がなりやすいそうです。

家族のためにだけ生きてきた人もなりやすいそうです。




幸い、妹は仕事をもっています。
介護の職についていて、今ケアマネの試験のために勉強しています。


私はまだ、あたふたと子育て中ですが、子育てを終えた時、自分の趣味や、やるべきことをちゃんと持っていないとだめだなと思いました。


空の巣症候群や燃え尽き症候群から、うつ病へと移行していく人も多いと聞きました。


せっかく頑張って、家族のためにつくしてきて、それが終わったら自分は病んでしまう。
それって寂しいことじゃないですか。


私はやりたいことみつけました。
(できるかどうかは別として)

子供にしがみついていた自分から卒業し、これからもしがみつかないで生きていこうと思っています。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】