また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

私が養育費も、婚姻生活費も請求しない理由

f:id:chiisan1116:20170905001248p:plain

今日は、うれしい事がありました。


臨時収入25000円が、手元に入ってきました。


今年の初め、インターネットの業者を、ソフトバンクひかりに乗り換えました。
その時に、乗り換えキャンペーンとやらをやっていて、取り付け工事も無料、キャッシュバックもあるということで契約したのです。


それが2月ごろの話でして、今9月、半年以上たち、忘れたころに、郵便為替が送られてきました。
正直、忘れていました。

でもソフトバンクの封筒を見て、思い出し、思わぬ臨時収入に、やったーという気持ちになりました。



さて、貯金だ!と思っていた矢先、息子がコンビニの振込用紙をもってきました。
またまた模試代でした。


模試は、だいたいひと月に一度受けていますが、今回は9月と10月分でした。
すぐにコンビニに払いに行きました。

残りは貯金しておくつもりです。


本来なら、別居中でも、夫から婚姻生活費と養育費というのを請求できます。

調停をしたり、裁判にまでなる方もいらっしゃると思います。

子供のために、闘ってでも、元夫からとりたいと、がんばっている方も多いと思います。


なぜ、私が養育費も、婚姻生活費も請求しないのか。

一言でいうと、別居中の夫からとるもの(お金)がないからです。

夫は、老後破産とも下流老人とも言えるような、状況だからです。


夫は、無年金者でした。



自営業でしたが、年金たるもの一度も入ったことがないというありさまでした。
結婚後、初めてそれを知らされ愕然としました。


そんな事実を知り、生活に余裕がある時は、セッセと貯金しました。
年金がもらえないのを知ったので、老後資金を人の倍以上貯めなくてならなかったのです。


ところが、その貯金もあることに使ってしまいました。
子供たちの学費です。


初期のころのブログに書いたことがありますが、娘も息子も小学校から私立に入れてしまいました。
夫のたっての希望で、お受験をしたのです。


仕事がうまくいっている時は良かったけれど、大手の業者に仕事をとられたりいろいろあり、収入は激減してしまいました。


子供たちを転校させたくないという理由から、貯金に手を出しました。
後に計算してみると、二人の学費だけで2000万以上はかかっていたと思います。


その後、夫が仕事で使っていたトラックを盗まれるという事件もおこりました。

500万という大金をはたいて買った大事な車でした。



夫は、その頃から精神を病んでいき、モラハラ、DVがひどくなっていきました


そんなわけで、今、貯金がいくら残っているのかわかりませんが、夫は今、64歳で、今もこれからも年金をもらえません。
持ち家があるので、生活保護を申請するのも難しいと思います。


自分の食い扶持だけを、なんとか稼いでいるのではないでしょうか。


憎しみも今は消え、憐みの気持ちだけです。

下流老人である夫へ請求しても無駄だという理由から、養育費も婚姻生活費も請求していません。

別居直後は、息子へ養育費なのかお小遣いなのか一万円をくれていました。
その一万円のために、息子は何度も呼び出されて、夫に会いに行ったりしていました。


ここに引っ越してきてから、それもなくなりました。


以前のようにしつこく電話もしてきません。



息子が今、大変な状況であることも知らないと思います。
どうでもいいと思っているのか、自分の生活が大変だからなのか、理由はわかりません。


そんなわけで、私は貧乏母子家庭の道を選択しました。

DVで別居ということで、普通、離婚しないともらえない児童扶養手当もいただけています。

これは来年三月で終了となります。


まだまだ厳しい状況が続くと思います。



ま、先のことは考えないようにしています。



最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】