また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

君の膵臓を食べたいを見て、息子が原作を買った意味がわかりました。

f:id:chiisan1116:20170825234604p:plain

今日は、友人とキミスイ、映画君の膵臓を食べたいを見てきました。



一緒に見にいった友人は、ホラー映画だと思ったらしいです。

私も最初は、そう思いました。


君の膵臓を食べたいの原作本を、春頃、息子が買ってきました。

今度はホラー小説を読むんだと勝手に思っていたのです。



息子は、読んだのか読まないのか、ずっとリビングに放置してありました。



夏に映画が公開され、CMが流れるようになり、膵臓を病んでる女子高生が主人公であることを知りました。
闘病ものだったのか、可哀想な話なのかなと勝手に思っていました。


見たいなとずっと思っていて、今日、見に行ってきました。



公開から一か月たっているせいか、館内はすいていました。

映画館の中、寒いくらいに涼しくて、快適でした。




後半、やはり泣ける場面が、ありました。

全体的にいい映画でした。


そして、見終わったあと、息子が、この原作本を買った意味がわかりました。


主人公の男子高校生が、息子に似ていました。

学校で孤立しているという所です。




誰にも心を開いていなかった男子高校生は、病気の女子高生と接点を持つことにより変わっていきました。

無表情だった子が、笑うようになっていきました。



息子は、今、心を開ける友達がいないのです。
本当はほしいのだと思います。


それで、この原作を買ったのだと思いました。


変わりたい。
どうすれば変われるのか、そんなことを悶々と悩んでいた時があったようです。


帰宅後、映画の感想を話しました。



息子に、見てほしい映画でした。


人の出会いによって、人生はかわっていく。

でも、ある日突然終わるかもしれない。


私が感じたことを話すと、息子は映画を見たいと言っていました。


実は、原作は、途中で読むのをやめてしまったそうです。
そして、その原作は、娘にあげてしまったのです。


息子に見せたい映画でしたが、
見たいけれど、そんなひまないで、話は終わってしまいました。



最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】