モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

娘から彼ができたというLINEに、ざわめく私

f:id:chiisan1116:20170723223909p:plain

今日の朝、娘から、彼ができたというLINEが来ました。


そしていきなり今日、彼と、こちらの地元に、海水浴に来ると書いてありました。


彼ができた?

聞いてないよ~

えっ~こっちに来るって?
まさか家に連れてくる?わけないよね。


激しく動揺してしまいました。





今年の3月頃に、彼ができて、結婚を前提にと聞いて、私の妄想はどんどん膨らんでしまいました。



向こうの親御さんはどんな方だろう。

こちらが母子家庭であることに、どんな対応をされるだろう。

シングルマザーへの偏見はないだろうか?

バージンロードは、どうしよう。
父親がは?

そんなことまで、考えてしまいました。
(苦笑)



結果的に、そのようないろいろな心配ごとはいらないものとなりました。
以前のブログに、書いたと思います。

結婚を前提にといってお付き合いをしていた彼は、DVこそなかったけれどモラハラ男でした。

娘から、彼が怖いと聞いた時に、猛烈に別れをすすめました。



娘には、私と同じような思いはさせたくなかったからです。

最終的な判断は、もちろん娘です。



娘は、別れを選びました。


しばらく男はいいなんて言っていたのに。
もう彼ができたなんて、びっくりです。




今度はどんな人なのか、詳しくはわかりませんが、どうも年下らしいです。



それにもびっくり!



今度は妄想をしません。

すぐに別れるかもしれないし、結婚までいくかもわかりませんから。


親としては、娘が傷つくことがないように、願いたいです。

幸せになってほしいのはもちろんですが。



彼ができたと聞いただけで、ざわめく私。




今日、連れてくるの?
今日はやめて、心の中で思っていました。


雨降ってきたから帰るね、そんな返事に、ホッとした自分がいました。




まぁいつかは、誰かと結婚をすることになると思います。
そして、いつかは相手の人、相手の親御さんに会わなくてはなりません。


母子家庭であること。
シングルマザーであること。
夫と別居中であること。



私は、何も悪い事はしていないのに、後ろめたさを感じてしまいます。




最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】