また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

自分の夢を、息子に押し付けていた夫

f:id:chiisan1116:20170719230724j:plain
梅雨も明けて、いよいよ夏本番です。
夏と言えば、高校野球、息子の高校は順調に勝ち進んでいるようです。

夫の夢は、息子が野球を続けて、甲子園を目指すことでした。



夫自身も甲子園を目指すのが、小さいころからの夢だったのです。

でも高校時代に、レギュラーから外されて、ずっとベンチ。
それで、野球もやめてしまったと聞いています。


思えば、それが夫の人生の挫折の始まりだったのかもしれません。




何もかも自分の思い通りになるとは限らないのに、夫は、自分の夢を息子に押し付けました。


小1の頃に、ユニフォームもバッドも、グローブも全部買ってあげていました。
一緒にキャッチボールをしたり、バッティングの練習をしたり、その頃が一番平和だったと思います。


4年生くらいに、地元のチームに入った息子。

夫はいつも同行していました。

でも残念ながら、
夫の期待通りには、活躍できませんでした。




試合で、打てないと、帰宅して、罵声を浴びせていました。
罵声だけならいいのですが、ボコボコ殴ることもしばしばありました。



やめて。
やめて。

私と息子が叫んでも、夫には通じませんでした。



何年たっても、小学校時代の夏の出来事は忘れられません。



そのうち、息子は野球が嫌いになっていきました。
打たないと、父親に怒られる、そんな気持ちでやっていても楽しいわけがないのです。


夫の楽しみは、息子とキャッチボールをすることだったのだと思います。

息子は、いつしか相手をしなくなりました。

中学に入ってからは、反発するようにもなっていました。



「俺は、おまえの道具ではない!」

父親に向かっていき、反発していました。
力も強くなり、よく取っ組み合いをしていました。
恐ろしい光景でした。



あのまま、あの家で、暮らしていたらと思うと、ぞっとします。

今、本当に平和な夏を過ごせています。
貧乏でも、なんとかやってます。



先日、息子の部屋の押し入れで、グローブとボールを発見しました。
とっくに捨てていると思っていたのに、ちゃんと大事にとってありました。


今、私と息子は、父親の話題を全くしなくなりました。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】