モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

挫折挫折の人生

f:id:chiisan1116:20170717235658j:plain

5連続勤務が、やっと終わり、久々のお休みでした。
すごく疲れました。
もう無理はできないと、つくづく感じました。


人手が足りないから出てと言われ、ついOKしてしまう私。
無理をして、病気になったら何もならないので、もう安請け合いはやめようと決めました。



この三連休、息子は自室にこもっていました。
大丈夫なのか。
頭がおかしくならないのか。
ひきこもり予備軍か?などと、よからぬ心配をしてしまいました。


一日10時間勉強しろ、学校の先生に言われたそうで、それを忠実にこなしているけれど、続くのだろうか。

また頭がおかしくなり暴れないだろうかと心配になります。



友達は、ほとんど塾に通っています。

塾へ行っている子は、授業以外は自習室で、勉強をしています。
勉強のスイッチが入るのが当たり前の環境なのです。





別居中の夫は、大学受験に失敗しています。
一浪してもだめで、専門学校へ行きました。

税理士を目指していたのですが、そこでも失敗。

挫折挫折の人生でした。


そして人を恨むようになりました。
誰かのせいにした方が楽だったのか。

自分の失敗も、全部人のせいで、世の中の人々は、みんな敵だと言い、最後には家族まで敵にしてしまいました。

生きていくのは修行、苦しみだけの人生。

夫はいつもそう言っていました。



挫折を味わってから、その思いはどんどん膨らんでいったのだと思います。

そんな思いを持ちながら、この世を呪って生きてきた夫です。

私には、理解できないことばかりでした。



たとえば、物を壊すという行為。

仕事がうまくいかない時、怖い顔をして帰宅。
私のミスをさがす、ミスをみつけたら怒鳴り散らす。


それでも収まらない時に、物を壊しました。



よく壊していたのは、テレビのリモコンです。
ケーブルテレビのリモコンは、数回は取り替えたと思います。

最初は無償で取り替えてくれましたが、こんなに頻繁に壊れるのはおかしいと、最後は有償になりました。

毎回3000円くらいかかったか。
もう忘れてしまいましたが。


ばかだと思います。

物を壊すという行為がすごく嫌でした

100均で、壊してもいいお皿を買ってきたこともあります。
これを庭で、割ってきて、それで怒りが収まるならとお願いしました。


そんなお願いも聞いてくれず、物を壊すという行為はだんだんエスカレートしていき、娘のドライヤー、息子のゲームなど、
子供たちの大事なものまで壊すようになっていきました。


そんな行為が、子供たちの心まで壊してしまったこと。
夫はわかっていない。


息子も、昨年暮れに、ペットボトルを投げつけて、電子レンジを壊しました。
買ったばかりの電子レンジです。

私は泣きました。

電子レンジが壊れたからではなく・・・
息子の暴力の連鎖が、悲しかったからです。

これは一生治らないのかと絶望しました。


でも、高校三年生になり、うそのように暴れなくなりました。
人生の目標ができたから?
それとも反抗期が落ち着いてきたから?


理由はわかりません。

父親はすべてにおいて反面教師です。


だから、離れました。
離れたから、子供たちは変わっていくこと。
信じています。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】