また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

おひとりさまの老後には、またワンルームに引っ越す予定

f:id:chiisan1116:20170716220846j:plain

昨日は、体中が痛くなり、久しぶりに、湯船にお湯を入れ、ゆっくりとお風呂につかりました。
やっぱり全然ちがう、足のだるさがとれました。


それで、早めに寝たのですが・・・
今日の朝は、蝉の大合唱で目が覚めました。



時計をみると、5時。
おまけにカラスまでやってきて、蝉とカラスの大合唱!

起きろ~~!と鳴かれているような気がしました。


あと一時間寝れたけど、仕方なく起きることにしました。



世の中は、昨日から三連休なんですね。
息子も休みで、起きてこないわけです。


ここに、引っ越してきて7か月ですが、今、思い出すと、よくワンルームに二人で暮らしていたなって。

17歳、年ごろの男の子です。



母親と二人で、6畳一間は、さぞかし息苦しかったと思います。

ロフトがあったので、まだよかった。



最初の頃は、ロフトが私の部屋になっていました。
二畳はあったと思います。


そこに布団敷きっぱなし。



小さな机を座椅子を置いて、文字通り、小さな屋根裏部屋でした。

そこだけが私専用の空間となり、自分専用の空間を持てたことがうれしかった。



ただ困ったのは、ロフトの上り下り。
梯子のような階段だったので、とにかく怖かった。


何回か、足を踏み外して、落ちたこともありました。


年をとったら、ワンルームにと思っていたけれど、ロフトはだめだって思いました。

ロフトなしの所がいいかも。



おひとりさまの老後という本を、読みました。
だいぶ前です。



そこに、おひとりさまの老後は、ワンルームがおすすめって書かれていました。

どこに何があるかすぐわかるようにとか。
とりたいものに、すぐ手が届くようにという理由だった気がします。




確かに、母を見ていると、どこに何をしまったか忘れるのはしょっちゅうで、いつも何かを探していました。
今、ワンルーム住まいでも、相変わらず、探し物をしていますけどね。


私も、近い将来、またワンルームに引っ越すことになると思います。

この2DK、結構気に入っているのだけど、息子がいなくなったら広すぎます。

この広さが、寂しさを呼んでしまうような気がします。




息子が、一人立ちしたら・・・
私たち家族は、みんなバラバラになります。
6年前までは、4人で暮らしていたのに。


DV&モラハラで、家庭崩壊ってこと?
かもしれません。



家を出たこと、後悔していません。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】