モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

大好きな夏がやってきた!娘が、取り戻している青春

f:id:chiisan1116:20170711191437j:plain

 

明日から、怒涛の五連勤ということで、今日は、ゆっくり身体を休めました。

昨晩は、友人のお通夜に行ってきました。

 

やっぱり娘さんは、泣きっぱなしだったけれど・・

可哀想で、見てられなかったけれど、友達がたくさん来ていました。

 

お母さんを亡くした悲しみは、埋められないけれど、友達がいる、お父さんも、おばあちゃんもいるから、きっと大丈夫、そんな思いで帰ってきました。

 

 

 

今日は、朝から気温がぐんぐん上昇、高温注意報も発令していました。

 

近所のスーパーに買い物行くと、げんなりしたお年寄りがたくさん。

 

私もその一人であります。

 

 

 

若かりし頃は、夏が大好きだったのですが、今はもう、苦手のひとことです。

私に似たのか、娘は、夏が大好きです。

 

 

 

ここの所、またまた音信不通。

 

ラインで予定を聞いてみると、仕事がお休みの日は、予定がぎっしりでした。

 

 

 

来週は、バーベキューと温泉。

それから、海に行き、その後は花火大会だそうで。

 

さぁ!夏だ!遊ぶぞ~~はりきっていました。

 

 

娘は、18歳で家を出るまで、本当にいろいろつらい目にあったので、ここまでよく頑張ったなと、思います。

 

高校時代は、バイト三昧で、家を出る費用と、専門学校の入学金を貯めました。

でも、その高校三年まで、娘には門限がありました。

 

18時でした。

 

門限やぶったら大変です。

夫のビンタが飛んできます。

 

だから、いつも走って帰ってきて、少し遅れた時など、父親が帰ってきているか、ドキドキでした。

夫の帰りが、遅いこと、私たちはいつも祈っていました。

 

夫が帰ってくると、家の中の空気が変わりました。

いつ怒り出すかわからないので、緊張していなければなりませんでした。

 

 

一番、楽しい時期であるはずの高校時代も、そんな生活をおくっていましたので、青春なんてなかった、楽しむこともなかったのです。

 

だから、娘は今、青春時代を取り戻しているのではないかと思います。

 

 

 

私は、少し前まで、娘と会うこと、娘と出かけることを楽しみに生きてきました。

全然遊んでくれなくて、寂しい時もありました。

 

今は、娘が楽しんでいるなら、それでいいと思うようになりました。

いつまでも、子供べったりな母親では、だめだなとも思い、自分は自分で楽しむことを覚えました。

 

 

人の人生って、平等にできているのかもと、思います。

 

ずっとずっとつらい時ばかりではなくて、がんばっていれば、必ず良い時代がくるってこと。

 

楽しい時間を過ごしていても、ずっとそれが続くとも限りません。

 

私自身も、これからは、穏やかな毎日を過ごしたいと思っています。

 

心配の種(息子)がいますけどね。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】