モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

母親は特別な存在、どんな姿でも生きていて欲しい。

昨日の記事の続きになってしまいます。

友人の死が、とてもショックで、その友人の笑顔が頭から離れません。

 

悲しんでいても仕方ないんですけど・・・

 

友人のラインを見ました。

プロフィール画面は、娘さんの笑顔の写真でした。

それを見て、また涙が出てしまいます。

 

 

 

お母さんって、特別なんだと思います。
自分を生んでくれた母親って、特別なんじゃないでしょうか。

 

 


生きていてほしかった。
どんな姿でもいいから、生きていてほしかった。
麻央さんのお子さんも友人の娘さんも、同じ思いだと思います。

 

 

 


どんな姿でもいいから、生きていてほしい。
たとえ、寝たきりでも、眠ったままでも。
母親っていうのは、存在だけでも、自分には欠かせないもの。

 


私の従弟が、言った言葉です。

 

従弟の母親、私にとっては叔母さんです。
(母の妹)

 


その叔母が、脳内出血で、3年前に倒れました。

 

その時に、もう意識はなく、回復も難しいだろうと言われていました。
自分で呼吸をするのも難しくなり、人工呼吸器をすすめられました。

 

 


医師からの説明は、唖然としました。

 

一度、人工呼吸器をつけたら、その呼吸器は、外せない。
このまま意識がないまま生きることになる。
それでもつけますか?

 

 

はっきり言ってしまうと、
このまま、安らかに旅立たせるか、植物人間として生かすのかということです。

 

 

親族で話し合って決めてください、
医師はそう告げました。

 

 

母と、そのほか妹二人、そして従弟で話し合いました。

 

 

母と叔母たちの意見は、こんな姿で生きていくのは可哀想だから、このまま安らかにでした。

 


でも最終的な結論は、一人息子である従弟が決めました。

 

 

どんな姿でも生きていてほしい。
話せなくても、眠ったままでも生きていてほしい。

 

 

 

そう言い、人工呼吸器をつけること、そして胃ろうを付けることを希望しました。

その後、叔母さんは、意識がないまま、眠ったまま三年間生きています。

 

 

従弟は、私より3歳下の53歳。


一人息子です。
そして未婚で、子供もいません。

 

 

そんな姿で、生きていると言えるの?
私は、そんな思いをずっと、もっていました。

 

 

でも、今回のまだ若い友人の死や、麻央さんの死を目の当たりにして、わかったような気がしました。

 

 

従弟にとって、母親は、生きていくための希望なのかなって。

 

 

母がいなくなったら、自分も孤独死するんだなんて、悲しい言葉も言っていました。
今でも、毎日病院へ言って、眠ったままの母親のそばで、本を読むことが日課だそうです。

 

 

眠ったままの叔母さん。
ずいぶん前に、会いに行きましたが、髪の毛は真っ白になっていました。


生かされている。


そんな言葉がぴったりだと思いました。

 

眠ったままの叔母さんは、どういう気持ちなのだろう。

残念ながらそれは、永遠にわかりません。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】