モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

貧乏母子家庭に、ありがたい母子家庭支援制度

今日も暑くなりました。

今年の梅雨は、空梅雨っぽいですね。



今日は、お休みだったのですが、市役所ヘ行ったり、息子の高校ヘ行ったりとバタバタとした一日でした。


3時ごろ帰宅。
日を浴びてしまったせいか、すごく疲れていて、横になったら、眠ってしまいました。
昼寝って、超気持ちいいです。


一時間ほど寝てしまいました。

今日は、ます市役所に行き、課税証明書をとり、そのまま、今度は息子の高校ヘ就学支援金の申込みに行ってきました。

高等学校就学支援金が、出来たばかりの頃は、全員が対象でした。
高校無償化という言い方だったと思います。


年収が1000万以上ある親でも、子供の高校は無料という時代がありました。
授業料が無償、それは公立学校だけでした。


そのかわり、私立高校に行っている子には、それ相当の学費が援助されました。
そして所得の低い家庭には、私学助成金という制度もありました。



娘は、この制度を利用できたので、貧乏に陥ってしまったわが家庭でも、なんとか私立高校を卒業させる事ができました。

夫は、いつも娘に学校をやめろ、私立はお金かかるから、公立に転校しろと言っていました。



夫のモラハラがひどくなっていった時期でしたので、娘にお願いした事もありました。
公立高校に転校して、そして3人で逃げよう、3人で暮らそうって。



でも娘は、転校を嫌がりました。

「お母さん、ごめん、あと2年我慢して。
私は、今の学校が好きだから転校したくない。
行かせてほしい、卒業させてほしい」という答えでした。


夫への意地もありました。
娘を守る、絶対に転校させないと決めました。


まぁ地獄のような生活でしたが、あの家にいれば家賃はかかりませんでしたから。




高校無償化の制度は、なくなり、今は就学支援金という制度になっています。
全員受けられるわけではありません。
所得制限があります。


そして一年毎に、申請をしなくてはなりません。



入学したてのころ、離婚していない場合、両親の所得証明が必要だと言われ青くなりました。

その時に、学校側ヘ、DVで別居中である事を説明に行きました

(本当は知られたくなかったですが)



そういう特別な事情がある場合、片親だけの所得証明で大丈夫と言うことでした。


一年の時、事情は説明してあるので、去年も今年も、申込み用紙と私の分の所得証明だけで済みました。

この申請をすると授業料月一万円が無料になります。


貧乏母子家庭には大変ありがたい制度です。

他に積立金というのがあり、これは月に一万円五千円です。
パソコン代と、修学旅行費です。




修学旅行は、今年の2月、シンガポールへ行ってきました。
(公立で、海外とは珍しいと思います)




入学時にタブレット型パソコンを買わされました。
授業で使うものなので、全員購入です。



結果的に、今、パソコンで予備校並の授業が受けられ、おおいに利用しているので、助かっています。



母子家庭支援制度、自治体によってはいろいろな支援があります。

でもだいたい、離婚しているが、条件なのです。

児童扶養手当もそうです。
こちらは離婚が成立していないともらえません。


私の場合、警察や、児童相談所で、DV被害の届けをしていたので、特別な事情ということで、なんとか手続きをすることができて、いただいてます。


息子名義で、貯金しています。



別居でも認められるのは、特別な事情がある場合だけです。

支援制度は大変ありがたいのですが、いちいちDVで別居している事を話さなくてはならないのが辛いところです。




高校生活も、あと九ヶ月となりました。

何だか、あっと言う間の二年間でした。

息子と、志望大学、そして第三希望までの大学を話し合い決めました。

あと九ヶ月。

頑張れ、息子。




最後まで読んでくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】