また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

復縁、私の場合はあり得ません。

今日の貧乏飯は、冷凍してあったチキンナゲットと、カニカマときゅうりの酢の物、そして、サニーレタスとシーチキンのサラダでした。

 

週に何回かは、冷蔵庫からっぽディーにします。

買い物をしないで、冷蔵庫にあるもので作る日です。

 

節約にもなるし、物を腐らせないですむ。

一石二鳥です。

 

息子は、私の料理をまずいとは言いません。

 

あまりお腹が、空いてないから残すと言います。

気をつかってくれているのでしょうか。

 

親としては、もっとおいしいもの食べさせてあげたいって思うんですけど、

どうしても食費節約に走ってしまいます。

 

 

 

よく拝見しているブログで、ブログ主さんが、別れたご主人と10年ぶりに復縁したという記事を読みました。

 

 

離婚の原因は、私とは違いますが、そこには、相手を許すというキーワードがありました。

 

50代、私と同年代の方です。

やはり、おひとりさまの老後は、とっても不安だと思います。

 

老後は二人で、助け合ってという気持ちになられたのではないでしょうか。

 

職場のスーパーでは、奥さんに先立たれたお客さまを何人も見ています。

男性の方が、ガックリしちゃうようです。

 

女性は、強い。

伴侶を亡くされても、立ち直りが早い。

そのように感じました。

 

 

復縁、いいなと思いました。

 

でも、私の場合はあり得ないです。

 

 

 

夫を許すというキーワードは、私にはないかな。

 

籠の中の鳥に、戻りたくはないです。

 

 

今でも、時々寂しくなる時はあります。

息子がいてもです。

 

 

だから、来年からの一人暮らしは、超怖いです。

どうなっちゃうのかとも思います。

 

心の準備を・・と思いつつ、なかなかそれもできないでいます。

 

 

 

娘は、一人暮らしを始めたころ、毎日泣いていたと言っていました。

三か月くらい泣いていたって。

家族連れを見ると、また泣いたって言ってました。

 

寂しかったんだと思います。

ひとりぼっちだったんだと思います。

 

でも、半年くらいで、それもなれたらしい。

彼ができたからなんですね。

 

娘の愛情不足、寂しさを、その彼は埋めてくれたのだと思います。

もう別れてしまいましたが・・・。

 

 

私のこと。

復縁はない。

再婚もない。

 

もうすぐアラカンのオバサンに、彼なんてものもほしくないです。

 

オバサンでも、こうやって寂しくなるんだから、

若いシンママさんは、寂しい時があると思います。

 

人を好きになるって、恋をするって、人生それだけでも輝きます。

若いシンママさんは、まだやり直しがきくと思います。

 

それもまた、うらやましいと思う私です。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】