モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

娘が、警察に補導された日。非行の原因

先日、娘に会いました。

今は、だいたい一か月に一回のペースで会っています。

 

会うのは、東京と神奈川の中間地点、横浜が多いです。

鎌倉散策に行くことも多いかも。

 

娘と私は、食べることが大好き、美味しいものが大好きという共通点があります。

 

だから、会う時は、いつも食べ歩きです。

 

 いろんな話をしました。

会った時に、お互いの一か月分の話をします。

 

 

娘は、生き生きと楽しそうに、現在の生活ぶりを話してくれました。

 よくここまで、自立してくれた、頑張ったって思いました。

 

 

 

10年前の7月の出来事を思い出しました。

 

中学生の時、娘は警察に、補導されました。

 

私立中学に行っていたのにも関わらず、不良グループに入ってしまったのです。

 

夏休みの初日、娘は金髪に染めて、出かけていきました。

 

とっさに思ったのは・・・

お父さんにみつかったら、殴られるのに、なんで?でした。

 

 

 

その日の夜、警察から電話がありました。

 

「お嬢さんを迎えに来てください」

 

 

何をやったのかわからず、私はすぐに飛んでいきました。

 

 

公共の施設で、火遊びをしたということでした。

 

警察についたのは、私が一番最初のようでした。

娘は、泣きそうな顔をしていました。

 

 

「ご迷惑をかけて、申し訳ありませんでした。」と私はとにかく頭を下げ続けました。

 

 

 

「主犯格は、君じゃないことがわかったから、もう帰っていいよ。

でも、友達が悪いことをしようと誘ってきても、やめようという勇気を

持たないとだめだよ、これからはできるね?」

 

年配の刑事さんが、そういってくださいました。

 

「はい」

 

娘は、その時にはじめて涙を流しました。

 

 

警察を出ると、娘はニコニコして、

お母さん、私、パトカーに初めて乗っちゃったと言いました。

 

 

そんなこと、明るく言わないでという情けない気持ちと、

娘の寂しさが、伝わってきて泣きたくなる気持ちと、複雑な感情でした。

 

 

家に連れて帰ったら、父親に怒鳴られる覚悟はしていました。

私も娘も・・・

 

でも夫は、完全無視です。

 

完全無視、もう娘のことは、無関心な夫になっていました。

 

 

娘は、寂しくて寂しくて仕方がなかったのかもしれません。

 

非行に走る子供は、愛情不足が原因とか、親が厳格すぎるなどの理由があるようです。

 

 

ほかにも、 子供が非行に走る原因は、ありました。

・貧困

・いじめ

・親の不仲

・勉強の挫折

・部活動の挫折

・友達の影響

・虐待

・親の期待

NPO法人 非行克服支援センター調査研究より>

 

 

娘の場合は、いじめ以外は、全部当てはまりました。

その中でも、親の不仲、虐待が、娘を深く傷つけていました。

 

補導されたのは、その一回だけでした。

でもその後、娘は摂食障害という精神の病に、移行していきました。

 

 

摂食障害過食症。 

苦しんだ娘は、つい最近、その病を克服しました。

 

18歳で家を出た娘は、6年間父親に会っていません。

守れなかった私をも、許していなかったのです。

 

 

今年のお正月に、私たち親子は、本音で話をして、二人で並んで寝ました。

その時に、私が、この世で一番かわいいのはMちゃんだからと言いました。

 

娘は、誰からも愛されていないと、思っていたんです。

愛しているという言葉こそ、照れくさくて言えなかったけれど。

 

Mちゃんが一番、という言葉を伝えました。

 

今まで、心配ばかりかけてごめんね、娘はそう言って東京へ帰ったのでした。

私は、その時に、やっと娘と和解できたって思いました。

 

 

今日の記事で言いたいこと。

親の不仲、そして、モラハラやDVは、けっして子供にいい影響を与えないということ。

 

そんな親から、早く離れることが正解だということです。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】