また元気に笑おうね・・・

シングルマザーになってもうすぐ3年、楽しく明るく生きていきたい母のブログです

【スポンサーリンク】

愛されずに、育った子供

小林麻央さんが亡くなって、私もとても悲しかったです。

亡くなる直前に、愛しているという言葉を残して逝ってしまったこと。

自分のことのより、相手のことを思いやる気持ち、愛にあふれた方でしたね。

 

愛について、いろいろと考えてみた方もいるのではないでしょうか。

私もいろいろ考えました。

 

まず、元夫への愛。

最初から愛ではなく同情だったのではないかと思います。

元夫も。

元夫に、愛していると言われたことは一度もないです。

まぁ、弾痕の世代ですので、そんな恥ずかしいこと言えるか~という思いもあったでしょう。

 

日本人って、まして50代以上の方って、愛しているという言葉、なかなか言えないと思います。

 

私が最近、思うのは、愛されずに育った子供というのは、愛し方がわからないのでは?ということです。

 

 

元夫は、母親を憎んでいました。

今も憎んでいるのではないかと思います。

 

夫が27歳の時に、お義母さんは、喉頭がんで他界されているので、私は、写真でしかしりません。

 

 

 

夫から聞く、お義母さんの話、あまり良い思い出話はなかったです。

 

宿題や勉強ができないと、お線香の火をつけられた。

怖かった。

 

それが一番の忘れられない出来事だったそうです。

 

それって虐待?

 

 

 

連れ子が二人いて、その二人が不良になり、いろいろ問題を起こし、苦労されたそうです。

 

子供4人、食べていくのも大変。

 

そんなこともあり、子供を愛する余裕なんてなかったかもしれません。

 

 

そして、夫が、ニートになった時、とにかくおまえはだめな人間、出ていけと言われ続けたと聞きました。

 

夫は、母親から愛されずに、否定されていきていきたのです。

 

 

愛されたこともなく、人格を否定され育った夫です。

 

そんな夫は、愛し方がわからなかったのだと思います。

 

 

夫も可哀想な人だったと思います。

 

 

そんな私も、人のことは言えません。

私も愛し方が、わかりませんでした。

 

子供たちを抱きしめることって、しなかったかもしれません。

優しい言葉をかけることもしなかったかもしれません。

 

そして、暴言や暴力に耐えている私を見て、子供たちは、どう思っていたのでしょうか。

 

 

私自身も、母親から抱きしめられたことは一度もありませんでした。

 

母は、兄を溺愛。

父は、妹を溺愛。

 

真ん中の私は、いらない人間って思ったこともあります。 

憎んではいないけれど、愛された実感や記憶がないんです。

(今は、認知症気味の母愛おしいですが・・・)

 

 

愛を知らない両親に育てられた子供、私の娘と息子。

一番の被害者です。

 

 

ごめんねって思います。

 

どうやって償っていけばいいかわかりませんが、あの家を出たことだけでも、せめてもの救いかな。

 

麻央さんや、麻耶さんは、愛されて育ったんだなと、テレビを見て思いました。

 

 

 

私のブログを読んでくださっている方は、シングルマザーの方が多いと思います。

もしお子さんが、まだ小さかったら、ムギューっと抱きしめてあげてください。

 

母親に抱きしめられるって、それだけでも安心できるのではないかと思います。

 

私の場合、24歳と18歳ですから、もう抱きしめることはできません。

 

夫から離れて、私の精神はやっと落ち着きました。

 

娘と息子へ、ちゃんと愛しているよって、言葉や態度であらわさなければって思っています。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】