モラハラDV夫から逃れて、貧乏びんぼー!母子家庭のブログ2

モラハラDV夫と別居して二年、高3の息子との日々を綴っています

【スポンサーリンク】

豊田真由子議員の暴言

小林麻央さんの訃報を聞いて、悲しい一日をすごされた方は多いのではないでしょうか。

ブログを発信することで、同じような方を元気づけると共に、自分自身へも言い聞かせていたのではないかと思いました。

生きたい、生きるって・・・

 

本当に、残念です。

 

そしてもう一人、世間を騒がせている女性、豊田真由子議員。

 

 

信じられない暴言でした。

 

 

ニュースで、豊田真由子議員の暴言を聞いて、目がテンになりました。

車の中という密室で、誰も聞いていないだろうという思いもあったのでしょう。

 

すごい言葉の暴力、モラハラだ!と思いましたが、部下への言葉の暴力なのでパワハラです。

 

 

昨日、はてなの注目ニュースで、学生時代の友人のフェイスブックの発言が載っていました。

 

ご覧になった方、いらっしゃるでしょうか。

すごい長文で、最後まで読めませんでした。

 

高校時代からの友人で、同じく東京大学に進んだとか。

長文の内容は、豊田議員を擁護するものでした。

 

豊田議員には、子供がいて、子供たちへも悪い影響を与える、子供たちが可哀想だと書かれていました。

 

確かに、子供には罪がありません。

お母さんのあのパワハラ発言が世間に出てしまい、辛い思いをするのは間違いありません。

お子さんは、可哀想です。

家庭ではどんなお母さんだったのでしょう。

 

あのハゲー!と怒鳴る声と、国会での声、全く違う声、そして全く違う人格になっています。

 

怖いお母さんだったのか・・・

 

そして友人の長文に書かれていたことは、

あの暴言は、自分の自信のなさの表れだということ。

厳しい家庭に育ったことで、あのようになったと、とにかく豊田議員をかばう内容でした。

 

自分に自信がないから、自分より弱いものに暴言を吐く。

 

それは、私の夫と全く同じでした。

 

育った家庭の影響だかなんだかわかりませんが、言葉の暴力は、絶対だめ。

頭をぐちゃぐちゃにしてやる、そんなことも言っていました。

 

怒りに任せて、吐いた言葉というのは、相手をどれだけ傷つけているのか、たぶん本人はわかっていません。

 

 

別居して二年たちますが、未だに、夫の暴言の数々は頭から離れません。

 

保険金かけて、死んでこい。

 

そんな言葉を言われたこともあります。

 

いつもいつも、おまえは、何もできないバカという上から目線でした。

毎日、人格を否定され、どれだけ傷つけられたか。

 

 

夫と豊田議員は、同じ人種だと思いました。

 

自分より弱い立場の人へ暴言を吐くことによって、自分が優位にたつ。

 

自分を優位にすることでしか、立つことができない、本当はすごい弱い人間なのではないかと。

 

残念ながら、今の世の中に、そういう人ってたくさんいるかもしれません。

 

言葉の暴力。

 

今は、受けないですんでいます。

でも、子供たちには、悪い影響を与えています。

 

だから言葉の暴力は絶対に、許せません。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】